NMNと老化の関係

年齢を重ねていくと肌の悩みも多くなっていきますし、健康に毎日を送るということがとても重要な事だと感じるようになります。若い時には気にもしなかった老化についても、ある程度の年齢になれば、次第に向き合っていくことが必要となっていきます。アンチエイジング世代にとって、若返りという言葉は、これほど魅力的な言葉はないと感じるほど、魅力的な言葉と感じますが、この若返りについては世界各国、様々な分野で研究が続いています。最近よく聞くようになったのが「NMN」若返りの薬というものですが、この言葉をよく耳にするようになりました。

まだ研究段階ということで、今利用できる若返りのお薬があるということではありません。しかし、近い将来NMNがさらに研究されていくことで、若返りの薬が誕生するのかもしれません。NMNというのはニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドという化合物の事です。このNMNは2011年、アメリカのある大学の研究によって発見された物質です。

人の体の中でも作り出すことができるのですが、この物質は年齢を重ねていくごとに生産能力が低下していく物質ということがわかっています。加齢により生産能力の低下があるということが判明しているということは、裏を返せば老化、健康被害などに深い関係を持っている物質ではないかと研究が進められるようになりました。

年齢を重ねると肌にみずみずしさを与えるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分も少なくなっていき、美肌ということ以外にも関節の不具合などを起こすこともあります。色々な成分が失われていく中で、加齢をここで止める、これ以上進ませないために、コラーゲン、ヒアルロン酸などのサプリメントを利用されている方も少なくありません。もしも・・・将来的にNMNが老化防止のお薬や、若々しい肌作りに一役買ってくれる存在となるのなら、これはいまから情報を仕入れて知識を持っておく方がよさそうです。