NMNはどういう物質か

NMNはサーチュイン遺伝子という「長寿遺伝子」と呼ばれる遺伝子との関係性が深いとして注目されています。通常、長寿遺伝子というのは休眠状態になっていますが、体が飢餓状態になると活性化するのではないかといわれています。飢餓状態になると身体はなんとか生き延びようとスイッチが入るといわれ、体を活性化しようとするようです。若返りを考える時この体の活性化に関連するサーチュイン遺伝子のスイッチをどのようにしていられるのか?ということが鍵になるといわれているのです。

では普段休眠状態のサーチュイン遺伝子をどのようにして働かせたらいいのか?ですが、ここにはNADという物質が不可欠となります。NADという物質を作るためにはビタミンB3(ニコチン酸アミド)が必要で、これがNMNに変化することで最終的にNADを作ります。ということはNMNを摂取することによってNADに働きかけとなり、サーチュイン遺伝子が働き始めるという流れになります。

サーチュイン遺伝子を活性化させるためには、NMNによってNADを作る必要がある、だからこそ、このニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドという成分が注目され、長寿遺伝子に効果をもたらすことが期待され、各国、各研究機関で研究が進められているのです。

若返りというのは古くから求められてきたことで、老化せず健康的な体をもって長く生きるということに対して人類は常に努力してきました。今、この長寿遺伝子の存在やその活性化に結び付くといわれるNMNが発見され研究が継続されていることは、将来、若返りという夢の実現が近くなっているのかも?と期待できる行動なのです。