将来は100歳超え?

NMNについては研究が進められているところですが、現在マウスに利用した報告がアメリカから寄せられているようです。アメリカのある大学で行われた研究では、生後22か月のマウスにNMNを利用し続けたところ、筋肉細胞が生後半年くらいまで若返ったという成果が発表されています。生後22か月といってもピンとこないと思いますが、人間に換算すると60歳くらいです。生後半年は人間の20歳くらいといいますので、かなりの若返りを果たしているということになります。

しかしあくまでもこれはマウスに対する実験であり、人間がいつかNMNの恩恵を受けて若返る事が出来るようになるまでにはまだまだ時間がかかるでしょう。しかし、実際にこうした物質があることがわかり、それについて専門家が研究を継続的に進めていくことで、いつか、人の寿命が100を超えるということも夢ではないのかもしれません。

日本では平均寿命が高くなってきていますが、それが健康寿命となるとやはり下がります。年齢を重ねることによって抵抗力等が低下し病気になりやすくなるということもあります。この先、NMNの研究がより進められていくことによって、健康的に長生きできる肉体を得られる、つまり若返る事が可能となるのなら、人生80年から100年、それ以上に伸びていくことも考えられるのです

若返りということとは別に、同じくマウスの研究ですが、糖尿病のマウスにNMNを一定期間投与した結果、血糖値が正常値まで下がったという報告もされています。NMNは、若返りということ以外にも、その他の病気に効果を発揮することも期待されています。まだこの先、時間がかかるとしても病気や寿命ということに関して明るい未来が見えかけているということでしょう。また、最近ではNMNのサプリメントが販売されているのを見かけます。まずは健康食品から試してみてはいかがでしょうか。

NMNはどういう物質か

NMNはサーチュイン遺伝子という「長寿遺伝子」と呼ばれる遺伝子との関係性が深いとして注目されています。通常、長寿遺伝子というのは休眠状態になっていますが、体が飢餓状態になると活性化するのではないかといわれています。飢餓状態になると身体はなんとか生き延びようとスイッチが入るといわれ、体を活性化しようとするようです。若返りを考える時この体の活性化に関連するサーチュイン遺伝子のスイッチをどのようにしていられるのか?ということが鍵になるといわれているのです。

では普段休眠状態のサーチュイン遺伝子をどのようにして働かせたらいいのか?ですが、ここにはNADという物質が不可欠となります。NADという物質を作るためにはビタミンB3(ニコチン酸アミド)が必要で、これがNMNに変化することで最終的にNADを作ります。ということはNMNを摂取することによってNADに働きかけとなり、サーチュイン遺伝子が働き始めるという流れになります。

サーチュイン遺伝子を活性化させるためには、NMNによってNADを作る必要がある、だからこそ、このニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドという成分が注目され、長寿遺伝子に効果をもたらすことが期待され、各国、各研究機関で研究が進められているのです。

若返りというのは古くから求められてきたことで、老化せず健康的な体をもって長く生きるということに対して人類は常に努力してきました。今、この長寿遺伝子の存在やその活性化に結び付くといわれるNMNが発見され研究が継続されていることは、将来、若返りという夢の実現が近くなっているのかも?と期待できる行動なのです。

NMNと老化の関係

年齢を重ねていくと肌の悩みも多くなっていきますし、健康に毎日を送るということがとても重要な事だと感じるようになります。若い時には気にもしなかった老化についても、ある程度の年齢になれば、次第に向き合っていくことが必要となっていきます。アンチエイジング世代にとって、若返りという言葉は、これほど魅力的な言葉はないと感じるほど、魅力的な言葉と感じますが、この若返りについては世界各国、様々な分野で研究が続いています。最近よく聞くようになったのが「NMN」若返りの薬というものですが、この言葉をよく耳にするようになりました。

まだ研究段階ということで、今利用できる若返りのお薬があるということではありません。しかし、近い将来NMNがさらに研究されていくことで、若返りの薬が誕生するのかもしれません。NMNというのはニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドという化合物の事です。このNMNは2011年、アメリカのある大学の研究によって発見された物質です。

人の体の中でも作り出すことができるのですが、この物質は年齢を重ねていくごとに生産能力が低下していく物質ということがわかっています。加齢により生産能力の低下があるということが判明しているということは、裏を返せば老化、健康被害などに深い関係を持っている物質ではないかと研究が進められるようになりました。

年齢を重ねると肌にみずみずしさを与えるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分も少なくなっていき、美肌ということ以外にも関節の不具合などを起こすこともあります。色々な成分が失われていく中で、加齢をここで止める、これ以上進ませないために、コラーゲン、ヒアルロン酸などのサプリメントを利用されている方も少なくありません。もしも・・・将来的にNMNが老化防止のお薬や、若々しい肌作りに一役買ってくれる存在となるのなら、これはいまから情報を仕入れて知識を持っておく方がよさそうです。